【仕事】新規開拓営業のリアルな1日の流れ(体験記)

仕事

・新規営業ってどんな感じ?
・テレアポ?飛び込み?今時何をやらされるの?
・新規営業の1日1を知りたい!

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事を読めば実際の新規営業がどういったことをして契約まで行なっているのかわかります。

これから転職を考えている人、現在就活中の人の参考になればと思います。

記事前半では新規営業のやることを、後半では新規営業の1日の流れを複数紹介しますので、じっくり読み込んでくださいね!

新規営業がすること

もう分かると思いますが、ズバリ新しい顧客を開拓することです!

では具体的にどうやって顧客を開拓するのでしょうか。

僕が経験した方法は下記になります。

紹介営業

既存の顧客が新しい顧客を紹介してくれるパターンです。これは既に新規の顧客側はある程度自社の情報が渡っている状態で、興味を示している状態なので簡単に契約できます。

テレアポ営業

片っ端から電話して新規の顧客を開拓するパターンです。テレアポのリストを自分で作成する場合もあれば、既にテレアポリストがあればそれを使って電話をしていきます。基本的にトークスクリプトに沿って電話していきます。慣れてきたら自分でオリジナルのトークスクリプトでアポイントをとって契約に繋げるように進めていきます。

飛び込み営業

会社、お店などにアポなしでいきなり訪問するパターンです。運が良ければ話は聞いてくれますが、大体断られます。その日に次のアポイント、または契約の話ができれば成功です。

セミナー営業

セミナーに来てもらい興味を持ってくれた顧客に営業するパターンです。セミナーを開き、興味を持って来ていただくので営業はしやすいです。ただ、どのようにしてセミナーに来てもらうかが難しいです。当時の僕の会社は飛び込みの時にセミナーに紹介をしていました。

1日の流れ(紹介営業の場合)

既存のお客様からの紹介なので、ある程度どのような悩みのお客様なのか情報がもらえます。面談日までに自社の紹介資料、提案資料を作成して商談に臨みます。

商談前までに上司とシミュレーションしてフィードバックをもらい修正していきます。

クロージング時や、大企業などの顧客の場合は上司に同行をお願いすることもあります。

1日の流れ(テレアポの場合)

(午前)

僕の場合は飲食店にテレアポをするので午前中いっぱいリストを作成します。エリアを決められているので自分でお店、電話番号を調べてまとめます。既に顧客のところにはかけないように注意もします。

(午後)

ランチが終わったタイミングでひたすら電話をかけていきます。飲食店に電話をしていたので大体、「忙しい」「間に合ってる」「オーナーいませんのわかりません」と適当にあしらわれたり、怒鳴りつけられたり、無言で電話を切られtします。人間不信になりそうでしたw

1日の流れ(飛び込みの場合)

(午前)

今日回るエリアのお店を調べます。またどのように飛び込むのか、営業マン同士でシミュレーションしたり、トークを考えたりします。

(午後)

ランチが終わってディナーまでの時間の休憩を狙ってひたすら訪問します。大体「帰れ!」って言われます。メンタルが鍛えられましたね…!

1日の流れ(セミナー集客の場合)

飛び込みの流れと同じです。飛び込み時にセミナーの紙を渡します。

新規営業に向く人

僕が新規営業を経験して、向く人は下記だと考えます。

初対面の人と話すのに抵抗がない人
ポジティブな人
お金を稼ぎたい人
顧客の問題を解決して稼がせようとできる人
粘り強い人

新規営業はかなりメンタルを鍛えられます。

そしてお金は稼げます。僕の会社の場合は1契約1万円でした。会社によって違うと思うのでしっかり面接時に聞いておきましょう。

新規契約が難しい業界であれば、契約がなかなか取れず、上司から詰められたり、しんどい時期もたくさんあります。なので粘り強く仕事ができる人、ネガティブにならずポジティブな人が向くと考えます。

新規営業に向かない人

僕は新規営業を経験して自分には向かないと感じました。
向かない人は下記だと考えます。

初対面と話すのが苦手な人
面倒くさがりな人
メンタルが弱い人
人前で話すのがに苦手な人
プライベートと仕事を分けたい人

転職時の注意点

新規営業は離職率も高いです。また、求人も多いです。

新規営業以外の営業で入社してもいきなり新規営業をやらされる会社も多いです。

自分がそのパターンでした。就活の面接で必ず細かく聞いておきましょう。ベンチャーや成長企業であれば新規営業は必ずやることになります。「成長のため」「経験のため」と言って会社は命令してきますが、苦手な人や不得意な人にはかなりメンタルにくる職種です。

また、期の変わり目に入社する場合も気をつけましょう。今期からいきなり新規営業開拓をする場合もあります。

新規営業で得られる経験

新規営業で結果を出せる人はどこの会社に行っても通用します。また、新規営業ができる人は顧客が抱えている問題を的確に解決できるような人物だと思うので、そこから企画職、マーケティング、経営など幅広くその経験を活かすことができます。転職で職種を変える場合でも給料を落とさずステップアップすることもできます。まとめると下記が得られる経験です。

メンタル鍛えられる
どうすれば売れるのか常に考える癖がつく
顧客の問題を解決に導ける
人脈も作れる
お金の稼ぎ方を肌で実感できる
売れそうな商品がわかる

まとめ

自分が新規営業に向くのか、分析してみましょう。

新規営業に自分が向くのか、向かないのか
どのくらい稼ぎたいのか、インセンティブをもらいたいのか
新規営業を経験してその後何をしたいのか
結果が出なくても、上手くいかなくても粘り強くやっていけるのか

新規営業に挑戦しようと考える人の参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました