【エンジニア】客先常駐(SES)という働き方はオススメしない理由

仕事

・客先常駐のエンジニアって実際どうなの
・ピンハネ?薄給?ブラック?
・SESのみ会社ってどうなの?


エンジニアを目指している人、エンジニアとして働いている人は1度は聞いたことであろう「客先常駐」「SES」という言葉。あまり良いイメージはないのではないでしょうか。

自分は二度と常駐して働きたくありません!(笑)

私自身インフラエンジニアとして、会社から派遣されお客様先に常駐して仕事をしていた経験があります。その経験を踏まえた上でお客先常駐エンジニアとして働く場合の注意点や経験談を紹介したいと思います。今未経験からエンジニアを目指そうとしてる人にはぜひ読んで参考になればと思います。

SES・客先常駐エンジニアのは働き方

客先常駐とSESは同じと捉えがちですが厳密言うと違います。
「客先常駐」は「働き方」のことを指し、「SES」は「サービス」つまり企業の事業の1つであることを指します。ざっくり捉えようとすると同じような気もしますが、エンジニアとして働くのであれば覚えておきましょう。

実際に常駐するまでの流れ

だいたい以下の流れで常駐先が決まります。

全くの新規の案件パターン

①営業担当が案件を取って来ます 
②案件先のチームリーダーやメンバーと面談をします(1〜2回) 
③面談が通ればその案件に入ります

その後、客先で仕事をしていきます。基本的に毎日客先に出社する流れです。

既存の案件パターン

既存の案件で人が足りない時などそこに入る場合があります。案件に入る流れは新規との場合と同じですがほぼ確定の面談です。 
①案件先のチームリーダーやメンバーと面談をします(ほぼ1回) 
②その案件に入る

期間と単価に関して

期間について

お客様先の常駐が決まると営業がお客様と派遣するエンジニアの期間と単価を決めます。期間はプロジェクトによって1、2ヶ月のものもあれば、数年のものもあります。あまり期間が少ないものだと、スキルは全然つきませんし、すぐに面談をまたしないといけなくなります。就職活動で面接をくぐり抜けて来たのに、またここで面接みたいなことをしないといけなくなるのは、人によってしんどいと感じるでしょう。

単価について

単価については必ず確認しておきましょう。自分が今どのくらいの価値があるか確認できます。1ヶ月で自分にどのくらい支払われているのかわかります。フリーランスであれば全額自分にお金が入るます。会社であればそのなかから自分の給料がでて、残りは会社のお金になります。会社によっては単価を教えてくれない、数年後に公開する、などありますがそこは面接の時に聞いておきましょう。自分の単価を知った上で仕事をするとモチベーションが違います。

常駐先体験談

まず、自分は当時未経験のインフラエンジニアでした。1ヶ月がっつり研修後、お客様先に常駐しました。

1現場目:大手キャリアで同じ作業をひたすら行う(1年)

最初の現場は自分も未経験ということもありましたが、簡単な作業内容の案件でした。常駐であれば、普通だったら働けない大企業に常駐で来たりするので、オフィス環境などはとても充実していました。社食なども食べてOKでした。ここでずっと働きてぇ…と感じることも多々ありました。業務内容は作業の手順書を作ってそれに沿ってさ作業を行っていく内容でした。電話対応しながら行うものもあったので色々経験はできました。ITの知識がなくても手順通りやれば誰でもできる内容ではあったので自分で勉強したりしない限り力はつかない案件でした。初めての現場で、自分の会社のメンバーは誰もいないという状況で全然ダメダメでしたが、徐々に作業内容がわかるようになって力がついて来た実感はありました。しかし、自分の会社的に同じ現場にずっといるということはしない方針だったので、約1年でこの現場を離れました。

最初の現場で感じた、常駐して働くことについて

会社によっては方針は違うと思いますが、個人的に色々わかってきた段階で離れたので惜しいなあと感じました。メンバーの人柄もよく、もう少し経験積みたいなと思いました。これからできる作業も増えてくると思っていたタイミングだったので少し残念でした。

2現場目:大手キャリアの要件定義〜基本設計・詳細設計案件(6ヶ月)

ここは経験枠として案件に採用されました。上流工程はある程度知識や経験がないとなかなか難しいと思いますが、なぜかこの案件に入ることになりました。正直経験を積まないとかなりきつい案件です。ひたすら設計書をつくていました。1ヶ月毎日終電で帰ったり、全く定時に帰れない、帰る人もいない案件でかなり疲弊しました。ネットワーク担当でしたが、サーバチームは大炎上して1週間泊まり込んで仕事をしている人たちもいて衝撃を受けました。さすがに勤務時間がありえない数字になっていたので自分の会社が引き抜いてくれましたが、これはこれでいい思い出です…

3現場目:大手金融期間での保守業務(4ヶ月)

ここはもう不満しかなかったので、あまり愚痴のようなことは書きませんが、インフラのエンジニアの興味が完全になくなりました。業務内容としては。ネットワークのルーティング修正や、金融系だったので書類作成が多かったです。

スキルアップできるのか?

もちろん案件によるとは思いますが、結論、スキルアップは自分で進んで勉強しない限り無理だと思います。SESの事業しかやってない場合、会社がどこの会社と付き合っているのかによって案件の中身も全然ちがいます。またその時のタイミングによって案件の種類も全然違ってくるので運ゲー感はあります。自社開発している場合は、自社商品を開発しているメンバーになれるよに頑張りましょう。

辞めとけと言われるのはなぜか?

・常駐先の指示通りにやる、それ以外のことは求めてないのでしなくて良いので成長しない、自分で考えることがない
・案件が変わるごとに面談をしないといけない
・面談がなかなか決まらなければ社内ニートになってしまう
・人間関係は本当に運ゲー(自分はこれが1番きつかった
・自分がしたい案件があるとは限らない・今案件がすくないという理由でとりあえず適当な案件に入れられることもある

キャリアの描き方

キャリアを描くのはとても難しいです。まず、自社開発をしているのかしていないのかで考えましょう。SESだけの場合、ずっと常駐するスタイルでやっていくのは正直きついと思います。年齢が上がれば上がるほど求められる技術や経験は高くなるので面談がうまくいかなかったりする場合もあります。よってある程度経験を積んだらさっさと転職することをオススメします。転職サイトやエージェントで探すのも良いですし、常駐では”引き抜き”もあります。常駐先で活躍して入れば「うちにこない?」と声がかかることもたくさんあります。客先常駐で唯一のメリットだと思っています。声がかかった場合は一旦は話を聞いてみましょう。

次に自社開発している場合は、自社開発チームに入ることを目標にしましょう。アピールはもちろん、どの様な技術が必要なのかしっかり勉強しましょう。それでもなかなか自社開発チームには入れないのであれば自分は転職を進めます。

まとめ「SESのみ会社や、客先常駐しかない会社は辞めておこう」

客先常駐で働いている人、これから働こうとしている人は以下をしっかり考えましょう。

・案件変わるごとに面談あるけど大丈夫か
・必ずしも自分のやりたい案件に入れるとは限らない
・人間関係は案件が変わるごとに築いていかなく、運ゲー要素が強い
・未経験でも比較的採用されやすいのでしっかり先々のことを考えているか
・自社開発しているか、していないか

コメント

タイトルとURLをコピーしました