【転職の始め方】転職を考えたらやるべきこと(体験記)

転職

あなたは今、転職を考えていますでしょうか。

・給料が少ない
・人間関係がうんざり
・つまらない
・将来が不安

みんな不満を言う割には現状を変えない人がほとんどです。嫌なら行動しましょう。

僕は過去2回転職した経験あります。その時行ったことをまとめてみましたので少しでも転職を考えている人であればこの記事を参考にしてみてください!

なぜ今の会社に入社したのか考える

なぜ今の会社を受けた時の志望動機は何だったのでしょうか。

・内定をもらえたから入社したと
・なんとなく
・この会社でやりたいことがあった
・夢を叶えるために経験を積むため

様々な理由があると思います。
長年勤めてその理由が変わっていった人も中にはいるでしょう。

叶えたい夢があって、それを実現するために会社にはいいた人もいるでしょう。そのような人は頑張れると思いますし、社内でも活躍している、またはしていくでしょう。

今一度今の会社を選んだ理由を考えていましょう。

そして、入社当時の理由と現在の理由がどうなっているか確認しましょう。現在の理由とは今、なぜこの会社に自分はいるのかということです。

なぜ転職をしたいのか紙に書く

なぜ今転職したいなと考えたのでしょうか。
不満や思うことを箇条書きでいいので一度紙にざっと書き出してみましょう。そしてそれを解決するにはどうしないといけないのかも書いてみましょう。
何でもよいので具体的に何個もかいてみましょう。例えば、自分が部署異動する、上司が仕事を辞めるなど自分中心に考えても良いし、他人のせいにしても良いのでたくさん書きましょう。

会社に何を求めるのか考える

次に今の会社に何を求めるか考えてみましょう。安定、給料、人間関係、ビジネススキル、人脈、それぞれもと求めるものは違うと思います。また、それをなぜ求めるのかも一緒に考えましょう。

どのように生きたいのか考える

次に、仕事とは関係ないと思われるかもしれませんが、今後どのように生きていきたいのかも考えていきましょう。社内で役職につく、起業する、自由に生きる、趣味に生きる、いろんな生き方があると思います。

しかし、人生のほとんどは仕事になります。1日で考えても、8時間労働でプラス通勤、残業だと一日の三分の一以上は仕事になります。生きていくうえでの大部分を占めてしまう仕事をどのように考えるのか一度真剣に考えてみてください。

自分には今何ができるのかまとめる

今自分には何ができるか皆さん説明できますか。結果を出してきた人は説明しやすいかもしれませんが、「私何も持ってないなあ…」と考える人がほとんどだと思います。このスキルは仕事には役に立たないだろうと考える人もいますがそんなことはありません。小さいことでもなんでもいいので自分の武器を明確にしておきましょう

業界、業種を考える

業界、業種、職種はしっかり調べましょう。そしておすすめは自分が不得意ではないものを選ぶことです。

得意なものがあればそれでよいですが何が得意なのか分からに人がほとんどです。
どれであれば自分ができそうなもの、ストレスを感じない職種を選びましょう。

もちろん苦手意識があり、それを克服するために挑戦するというのは全然ありだと思いますし、素敵なことだとは思いますが、苦手であれば必ず大きな壁にあたって苦悩するタイミングが来ます。

それを乗り越えるのか、切り替えて違うことに挑戦するかはあなた次第です。周りは逃げたとか、どこも通用しないぞなど言ってくるかもしれませんがスルーでOKです。自分の人生なので他人にとやかく言われる筋合いはありません。

転職エージェントに相談してみる

ここまで自己分析が進んだら、とりあえず転職エージェントを利用するべきです。転職するもしないも自由です。ですが転職エーイェントは情報もたくさん持っているので話を聞くだけでも良いですし、プロと話すことでもやもやがスッキリすると思います。プロに頼むことがやはり一番手っ取り早いです。よってエージェントと会う前に自分の中でしっかりと考えをまとめておきましょう。

まとめ

最後は自分で決断しましょう。周りに相談しても良いですが、そこまで皆さんあなたに興味をもっていません。自分の人生です。どう生きようが何を選択しようが、正解です。後悔のないように生きましょう。

・まずは自己分析
・業種、職種をみてみる
・転職エージェントへ相談

上記の流れで転職活動を始めてみてください。自己分析は調べると色々出てきてよくわからなくなると思うので今思ってることを紙に書き出してそれについて「なぜ?」「解決方法は?」を自分で深掘りしていってください。転職はめんどくさい、怖いかもしれませんがいろんな会社をみることができる良い機会です。どうせなら楽しんで転職活動をしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました